GRC一号案件スタート!「ゴーストレストラン御徒町」新しい飲食店・不動産再生のカタチ。

ゴーストレストランシリーズ、渋谷に続く二号店でGRCの主軸であるシェアキッチンコンサルティング事業の第一号案件を、実は6月15日にオープンしていました。



ゴーストレストランだけに、ゴーストオープンです。笑


場所は日比谷線の仲御徒町駅降りてすぐの昭和通り沿いの路面1棟のビルです。

売上が安定してきましたのでご報告です。


ビルのオーナー様からご相談をいただいた案件です。(コンバージョン前↓)


1Fが飲食店さん、2〜4Fが民泊でした。

残念ながらコロナで撤退を余儀なくされてしまいました。


そちらの1Fの区画を、コロナ渦、コロナ後を見据えてシェアキッチンにしたいという相談でした。


2F〜4Fはこんな感じです。



1Fに2つのシェアキッチンを作る計画です。

既存キッチンを生かしたキッチンA

客席フロアにあたらにキッチンBを作る計画です。


これを、キッチンA


元客席側キッチンB


このように2キッチンにコンベージョンしました。

ここのシェアキッチン2区画はすでに成約済みで、開業しています。


成約者はゴーストレストラン渋谷を運営する・・・フードスタジアムです。笑


私、大山がGRC社の第一案件として不動産再生に関わった訳ですが、この1号案件はなんとしても成功させたい!という思いから、渋谷(フードスタジアム社運営)が上向きになってきたタイミングで自ら手を挙げさせて頂いたという訳です。


2キッチンとも借り上げさせていただきました。

10月に1キッチンテナントさんの入居が決まっています。



そして新しく提言したいのは

ゴーストレストラン=客席を持たないレストラン


ではなく

ゴーストレストラン=デリバリー・テイクアウトキッチン+α


だということです。

この御徒町でやったことは、キッチンを作っだけではなく。


4F区画をこのようにリノベーションしました。


コロナ対策も万全!時間1組限定の貸切パーティスペースです。

緊急事態宣言明けのオープンを目指しています。


せっかく客席があるのに、せっかく周り住宅地なのに・・


新しいゴーストレストランの形として私たちは、その+αにチャレンジしていこうと思っています。


このように不動産再生、と食のリーンスタートアップ(スモールスタートアップ)はとても相性が良いです。

このような事例をこれからも手がけていくのが私たちGRCのミッションです。


■早速「不動産投資と収益物件の情報サイト健美家」さんに取材いただきました!

https://www.kenbiya.com/ar/ns/for_rent/tenant/4937.html

156回の閲覧0件のコメント